バイト先選びの注意点

個人契約よりは手間も時間も省けて探しやすい派遣センターに登録する方法ですが、まったく問題がないとは言えません。以前テレビで報道され話題になった「ブラックバイト問題」について、これはほとんど塾講師アルバイトに関するもので、家庭教師には当てはまりません。しかしながら、家庭教師アルバイトにもトラブルに巻き込まれる可能性はあります。

派遣センター登録について「一括登録サイト」を利用される方がほとんどかと思いますが、家庭教師の需要に伴い、悪質なサイトや派遣センターが乱立する昨今、登録する際には十分注意が必要です。ではどういった点に注意するべきでしょうか。

まず一括登録サイトですが、登録先の派遣センターに「高額教材のセット販売をしている業者」が含まれている場合は避けた方がいいです。これは家庭教師を紹介する見返りとして高額な教材もセットで販売するという悪徳商法で、一括登録サイトには教材販売業者は掲載しないサイトもあれば、教材販売の有り無しを明記しているサイト、いっさい明記がなく判断ができないサイトなどいくつか種類がありますのでしっかりとチェックしましょう。また、一括登録とうたっておきながら、登録先が同グループ会社だったり、連絡先が明記されていなかったり、新しく設立された会社ばかりの場合も要注意です。

家庭教師の登録方法

家庭教師のアルバイトの探し方で一般的なのが派遣センターに登録する方法です。一般求人情報サイト、家庭教師探し専門のサイトなどでネットか電話で応募します。家庭教師のアルバイトは登録をしてもすぐに生徒が見つかるわけではありません。複数の会社に登録し、依頼が来て条件が合えば引き受けるという流れになります。

1つ1つ探して登録するのは時間も手間もかかりますので、最近では一括登録できるサイトを利用して、複数の家庭教師派遣センターにかけもちで登録する人がほとんどのようです。応募資格などは各派遣センターによって異なりますので、よく確認しましょう。また、未経験者で不安な方は、研修が定期的に行われる派遣センターなど選ばれると良いかもしれません。

現在、ほとんどが応募フォームから登録が行われる為、履歴書などを郵送する手間もなく簡単に応募できるようになりましたが、それゆえにたくさんの応募者の中から選ばれる為に、最初の書類選考が大事なポイントになります。また、生徒の方とのマッチングの際にも登録のデータ内容に基づいて判断されますので、よりよいマッチングが行われるよう自分のプロフィールや自己PR、得意科目、希望時間、地域など情報はきちんと抜けのないように登録するようにしましょう。